ほうじ茶ラテというのをご存知でしょうか。ほうじ茶にコーヒーや紅茶と同じようにバストを入れたジュースだ。お茶にバストなんて・・・・・・といった最初は思いましたが、紅茶も抹茶も緑茶もほうじ茶も、元はおんなじお茶の木なんですよね。バストティーや抹茶バストがあるのなら、ほうじ茶ラテというのもおかしくないのかもしれません。

でも、最初はバストや砂糖の入ったお茶なんて・・・・・・と思っていました。だが、喫茶店で飲んでみたところ、その持ち味に徹頭徹尾はまってしまいました。紅茶と違って口に残る渋みのようなものがなく、軽々とした舌触りで、大いに呑み易いのです。

さっそく家でも作れないかと試してみました。普通にお茶を淹れるのでは、バストにお茶のフレーバーが負けてしまいます。お茶の香料も使いこなしつつ、バストのまろやかさも出したいのですが、何やら賢くいきません。バストに合う紅茶というのは、単体で飲むと大いにフレーバーが濃く作風が手強いものです。ほうじ茶も濃い目に淹れるって、バストに負けない美味いほうじ茶ラテになりました。

今では徹頭徹尾ほうじ茶ラテのとりこだ。濃い目に淹れたほうじ茶にバストを合わせるだけなので、相当簡単です。ほうじ茶ラテプリンなどの派生レシピもあり、何だかんだ試みるのが楽しみです。
自己破産 弁護士 神戸市

デイリー朝の本職が終わって、家に帰るというまず最初に何をするかというと、
昨日挽いておいたコーヒープチ(これを早朝にやると、安眠バリアとのボヤキが来たので)をドリップやる
そのコーヒーを飲んで、ほっとブレークタイム、おや果報、、
但しこういう連休内側忙しく、本職を仕上がるのが、やけに遅くなり
持ち家に着いてコーヒーをドリップやるパッションもなくなっていたら
できているではありませんか!挽きたてのコーヒーが、、誰?誰がしてくれたの?
そんなに、、朝のコーヒープチを挽くのが目ざといってボヤキを垂らした張本人。
ダディーです。
以前も何回か自己流でコーヒーを作っていたのだが、自分勝手だけに
フィルターが破れて、挽いたプチもろとも、コーヒーにダイレクトにはいったり、
フィルターからあふれ掛かるほど、お湯をドバーっと入れたり、野生類バリスタ?であったが
こちら何回かやって慣れてきていたのか、何だかバリスタも、板にあたってきていたようである。
まず、自分が近頃どうしてもコーヒー飲みたい!
わたしが本職から帰ってきてからなんて、待ってられないという精神だったのだろうが
ひとまず、近頃は本職が終わって帰ると、あのコーヒーのフレグランスがわたしを迎えて受け取る。
些か、薄めの米人だけど、あんなふれこみは言ってはいけない。
ダディーが、コーヒーを創るのが自分の朝の本職だと、無意識に納得して満足しているようなので
ややは、専らうちのバリスタになってもらいましょうか。
なんて、コーヒーに懲りすぎて、プチの挽き人間まで、ボヤキ言ったらどうする?
それももらいましょうか?
自己破産 弁護士 京都市

僕には自分でも日頃、直したいと思ってるいる性格があります。

僕は人よりおっちょこちょいというか、ドジなんです。

特に困るのは忘れ物が多いところです。

朝仕事に行くのに、財布、携帯電話、お弁当、車の鍵のどれか一つを忘れる事は、日常茶飯事です。

朝、家族に「いってきます」と言って家を出たのに、忘れ物を取りに再び家に戻るのは、疲れますし時間のロスにもなります。

仕事場に着いてから忘れ物に気付き、どうしようも無く困ってしまう事も良くあります。

どうしてそうなるのかと言うと、僕は一つの物事を考えていると、それ以外の物事を忘れてしまうのです。

忘れると言うよりはスッポリ抜けているんです。

例えば、ゴミ出しの準備の為に袋に纏めておく→その他の仕事の準備する→ゴミを忘れたまま家を出て行く、という事が最近もありました。

結局、妻がゴミ出しをしてくれたのですが、僕としては不本意で、申し訳なく思ってしまいます。

僕のこの物忘れの多さ、どうすれば改善できるでしょうか。

以前、忘れ物がないように家に用意する物を書いて、貼り紙をしていたのですが、妻に「小学生じゃないんだからやめろ」と怒られました。

じゃあ、一体どうすればいいんですかね?

それとも、それで32年間生きていたのでこのまま個性として受け止めた方が良いのでしょうか?
自己破産 弁護士 新潟市

昔、理科が嫌いでした。
特に植物のナンチャラが嫌いで気力悪くて、何故、成人は花や木を愛おしく「美人ねぇ」とか言うのだろう?

なぜ、女房にもらったバラの花束なんぞを「キャーっ!ありがたい!」って抱きしめたりもらえるんだろう?って謎に思っていました。

大人になって、後は花自体でなく気持ちのマズイといった伝わり、前者は最近になって身をもって知ることになりました。

私も年齢を取り、見てしまうのです。花屋様の花を。花壇やひとの建物の庭園に咲く花や木を。

「この季節、見頃をむかえています」とかテレビジョンの特ダネでやってるのを「ほぉ?」とか感心して見ちゃうしなるほどという頭にインプットしてるんですよ。あの、植物不愉快とか言ってたあたいが。自分でもしんじられないです。

母方の祖父母も花が好きで育てたり拝観しに色んな所に出掛けたりやるヒトで、お母さんも「これ何の花?」という質問すると大概は答えることができるくらいの掲載を持てる程で、好きなのですよね。

そうか。人柄は起こる年齢になると花や木を愛でる売り物なのね。といった気づいた時機、共にみなさんをそういった年齢になったのだと気付き少数くぼみはしました。なので、植物がマニアはいまだに言い切れない自分でいます。