植物のナンチャラが嫌い

昔、理科が嫌いでした。
特に植物のナンチャラが嫌いで気力悪くて、何故、成人は花や木を愛おしく「美人ねぇ」とか言うのだろう?

なぜ、女房にもらったバラの花束なんぞを「キャーっ!ありがたい!」って抱きしめたりもらえるんだろう?って謎に思っていました。

大人になって、後は花自体でなく気持ちのマズイといった伝わり、前者は最近になって身をもって知ることになりました。

私も年齢を取り、見てしまうのです。花屋様の花を。花壇やひとの建物の庭園に咲く花や木を。

「この季節、見頃をむかえています」とかテレビジョンの特ダネでやってるのを「ほぉ?」とか感心して見ちゃうしなるほどという頭にインプットしてるんですよ。あの、植物不愉快とか言ってたあたいが。自分でもしんじられないです。

母方の祖父母も花が好きで育てたり拝観しに色んな所に出掛けたりやるヒトで、お母さんも「これ何の花?」という質問すると大概は答えることができるくらいの掲載を持てる程で、好きなのですよね。

そうか。人柄は起こる年齢になると花や木を愛でる売り物なのね。といった気づいた時機、共にみなさんをそういった年齢になったのだと気付き少数くぼみはしました。なので、植物がマニアはいまだに言い切れない自分でいます。